ビューティ情報『【アイシャドウ】捨て色活用術をプロが伝授』

2020年5月13日 10:00

【アイシャドウ】捨て色活用術をプロが伝授

捨て色活用術

1. アイラインとして使う

目次

・1. アイラインとして使う
・2. 眉に使う
・3. 透明のグロスに混ぜて使う
・4. チークとして使う
・5. シェーディングとして使う
・6. ネイルとして使う
アイラインとして使う出典:byBirth
濃いめのブラウンは締め色になるので、アイライン代わりに使ってあげると目力をアップすることができます。

また赤や青などのカラフルな色をアイライナーとして入れてあげると、メイクのアクセントにもなり、おしゃれなアイメイクに仕上げることができます。

入れる時はアイライナーブラシに捨て色をとって、目尻から黒目の中心まで細めのラインを入れると、自然なアイメイクに仕上がります。

更に目尻から3分の1まで細めのラインを入れてあげると、より目を強調できるので、ファッションやTPOに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

2. 眉に使う

眉に使う
出典:byBirth
眉に使うと、より立体的な眉に見せることができます。

眉は、眉頭から眉尻にかけて少しずつ暗い色にしていくのがポイントです。捨て色が明るめから中間色の場合だったら、眉頭から黒目の延長線上までに使い、濃いめの色は黒目の延長線上から眉尻に使うとグラデーションになって立体的な眉になります。

また、髪の毛を明るくしている方は、赤やブルーといったカラフルな色は全体的につけてあげると、眉マスカラを使わなくても明るい眉に仕上げることができます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.