ビューティ情報『夏のベースメイク【モチ・仕上がり・簡単】何が正解?』

2020年7月6日 10:00

夏のベースメイク【モチ・仕上がり・簡単】何が正解?

夏の季節とお肌の関係

目次

・1. 乾燥とインナードライについて
・2. 紫外線
・3. バリア機能の低下
・1. バリア機能を整えて、できるだけ保湿をする
・2. 下地は崩れにくいタイプで、SPF・PAともに数値の高いものを使う
・3. ファンデーションも崩れにくいタイプをチョイス!厚塗りNG→薄く塗ろう
・4. お粉はルースタイプを
夏の季節とお肌の関係
出典:byBirth
これからやってくる夏の季節、地球の温暖化により、年々暑さを増していますね。高い気温に湿度、太陽の日差し、紫外線、エアコンなど、夏の季節はお肌にとって、最も油断できない季節です。特に日本は気温とともに湿度も高く、メイクも崩れやすい環境にあります。

外に出ると汗をかき、室内に入るとエアコンで汗は引くものの、長時間エアコンにあたることで身体は冷えてしまいます。そのような変化により、お肌にはどのような影響があるのでしょうか。

1. 乾燥とインナードライについて

気温や湿度が高くなる夏は、体温調節をするために汗をかきます。汗をかくから乾燥とは無縁なのではないか、と思われがちですが、答えはNo。汗をかいて身体から蒸発する際、肌の角質層にある天然保湿因子が同時に奪われるため、汗をかく前よりも乾燥してしまいます。

お風呂上がりなどでスキンケアをつける時、暑いからといって化粧水だけ、クリームは使わないという方はいらっしゃいませんか。実はこれもお肌にとっては×。化粧水はお肌に必要な水分は補給してくれますが、お肌のハリや弾力を保つためには、その後につける美容液やクリームが欠かせません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.