ビューティ情報『運動不足で「動かなくなったカラダ」を「動けるカラダ」に変える(秘)テクニックを公開!』

2020年7月1日 12:00

運動不足で「動かなくなったカラダ」を「動けるカラダ」に変える(秘)テクニックを公開!

たった2つのチェックで「動きの現状」がわかる!?
まずはカラダの動きの確認をするために、「2つのチェック」を行いましょう。その2つのチェックとは、「立位体前屈チェック」と「バンザイチェック」です。

1人でチェックを行う場合、スマホで自撮りすることをお勧めします。あくまでも現状のチェックなので、ムリのない範囲で行うようにしましょう。痛みを感じたら、すぐに中止するようにしてくださいね。

目次

・チェック1:立位体前屈チェック
・チェック2:バンザイチェック
・1. 股関節屈曲動作を高めるストレッチコンディショニング
・2. 骨盤が強く前傾している場合のストレッチコンディショニング
・3. 肩の可動域を高めるストレッチコンディショニング


チェック1:立位体前屈チェック

「立位体前屈チェック」では、2つのチェックポイントがあります。それは「股関節」と「背中」です。

立位体前屈チェック
出典:byBirth
理想的な体前屈動作は、上の写真のように股関節と背中がバランスよく曲げられています。

股関節の屈曲動作が小さく背中が大きく丸まってしまう
出典:byBirth
上の写真のように前屈をすると股関節の屈曲動作が小さく、背中が大きく丸まってしまう場合、この状態で「スクワット」を行うと、腰や膝を傷めてしまう可能性があります。

股関節の屈曲動作が大きく、背中の弯曲がほとんどない
出典:byBirth
逆に股関節の屈曲動作が大きく、背中の弯曲がほとんどない場合、骨盤が強く前傾している可能性が考えられます。この状態で「腹筋エクササイズ」を行っても腹筋に効きにくく感じるばかりか、腰を傷める可能性があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.