ビューティ情報『1日の疲れはリッチなバスタイムで癒す!おすすめの高級入浴剤はコレ』

2020年7月11日 20:00

1日の疲れはリッチなバスタイムで癒す!おすすめの高級入浴剤はコレ

1日の疲れはその日のうちに
仕事や家事で疲れが溜まってはいませんか?睡眠不足が続いたり、疲労が積み重なると日中のパフォーマンス能力も下がってしまいます。いつもはシャワーだけで済ませてしまっている方も、たまにはスペシャルな入浴剤で身も心もほぐしてあげましょう。

今回は、バスタイムをワンランク格上げしてくれる高級入浴剤をご紹介していきます。

入浴することのメリットとは?

目次

・1. 温熱効果
・2. 水圧効果
・3. 浮力効果
・1. 無機塩類系
・2. 炭酸ガス系
・3. 生薬系(薬用植物系)
・4. スキンケア系
・5. クール系
・SABONバスソルト
・ジョー マローン ロンドンバスオイル
・WELEDAバスミルク
・CLAYDCANISTER SET 400
・ローラ メルシエシャワーバス アンバーバニラ
入浴することのメリットとは?
出典:byBirth
お風呂にゆっくり浸かると、疲労が和らいでリフレッシュできますよね。実は入浴には3つの作用が働いており、それらが身体の疲れを解きほぐしてくれるのです。

1. 温熱効果

お湯に浸かると身体が温まるのは、血管が拡張して血液の循環がよくなっているからです。血流がよくなることで老廃物の排出を促し、体のコリをほぐしてくれます。

さらに、身体を温めることで自律神経をコントロールすることもできます。寝る前にリラックスしたい場合は、35~38℃ほどのぬるいお湯に10分以上浸かることで副交感神経が刺激され、精神や筋肉の緊張をほぐすことができます。

朝風呂に入って目を覚ましたい!というのであれば、42~44℃ほどの少し熱めの温度に設定することで交感神経が刺激され、活動的に動くことができますよ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.