ビューティ情報『「有酸素運動」で脂肪を効率良く燃やす3つのポイント』

2020年7月20日 12:00

「有酸素運動」で脂肪を効率良く燃やす3つのポイント

「3つのポイント」をおさえるだけで脂肪燃焼効率アップ!
体脂肪を減らす目的で有酸素運動を行う場合、以下の3つを踏まえて行う必要があります。

  • 運動強度
  • 種目
  • タイミング
この3つが、有酸素運動で脂肪を効率的に燃やすために踏まえておくべきポイントとなります。

ポイント1:運動強度

有酸素運動をしても体脂肪が減らない理由

目次

・有酸素運動をしても体脂肪が減らない理由
・脂肪燃焼に適した運動強度
・有酸素運動の種目
・脂肪燃焼に適した有酸素運動の種目
・脂肪燃焼効率をダウンさせてしまう有酸素運動を行うタイミング
・脂肪燃焼効率をアップさせる有酸素運動を行うタイミング
無酸素運動
出典:byBirth
体脂肪を減らそうと、息がハァーハァー、ゼーゼー乱れるくらいの運動強度で行っていませんでしたか?

確かに呼吸が乱れるくらいの運動強度で行うと、痩せそうに思えます。しかし、実際には脂肪燃焼効果は弱いと言えます。なぜなら呼吸が乱れるほど激しい運動は、有酸素運動ではなく無酸素運動となるからです。

息が乱れるくらいの運動強度となると、体内に酸素が行き届かずにエネルギー供給が行われるため、無酸素運動になってしまうのです。無酸素運動では主に糖質がエネルギーとして使われるので、脂肪燃焼にまで至らないのです。

脂肪燃焼に適した運動強度

運動強度
出典:byBirth
体内に酸素が行き届かずにエネルギー供給が行われる運動を無酸素運動というのに対し、有酸素運動は体内に酸素が行き届いた状態でエネルギー供給が行われる運動となります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.