ビューティ情報『ちょっとした違いで効果激変!「下腹痩せ効果」を高める3つのポイント』

2020年8月17日 20:00

ちょっとした違いで効果激変!「下腹痩せ効果」を高める3つのポイント

エクササイズを行うと、お腹の筋肉ではなく太ももの付け根に効いてしまっていたり、腰が痛くなったりしていませんか?その場合、股関節の曲げる動作でエクササイズを行っている可能性が十分に考えられます。

リバースクランチは、股関節の曲げる動作ではなく、骨盤を起こす動作を繰り返すエクササイズです。

更に下腹部にある腹直筋下部に効かせるためには、下腹部を軸に骨盤を起こすようにします。リバースクランチに限らず腹筋エクササイズでターゲットとなる部位に効かせるには、その部位を軸に動かすようにします。例えば腹直筋上部のエクササイズである「クランチ」ならば、腹直筋上部を軸に上体を起こすようにします。

しかし、エクササイズ中は軸となる部分がどこになるのかわからなくなってしまいますよね。そこでその場合の改善策を一つお伝えしておきましょう。

改善策
予めターゲットとなる筋肉で軸となる腹直筋下部を軽く指で押さえておき、そこから骨盤を起こすように心がけてみましょう。

「骨盤の動き」を高めるストレッチ
股関節の動きでリバースクランチを行っているということは、骨盤を起こす動作が制限されている可能性があります。

骨盤を起こす動作が制限されている原因として、骨盤の前傾が強くなっていることが考えられます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.