ビューティ情報『手軽で簡単!脂肪燃焼効率を上げる「3つのストレッチ」』

2020年9月20日 20:00

手軽で簡単!脂肪燃焼効率を上げる「3つのストレッチ」

脂肪燃焼効率ダウンの原因は「姿勢」!?
まずは壁を使った簡単なチェックをしてみましょう。

目次

・(1)胸の筋肉への静的ストレッチ
・(2)肩甲骨内転動作を高めるストレッチ
・(3)肩回しストレッチ


壁を使った簡単なチェック
出典:byBirth
上の写真のように壁にかかと、お尻、肩(肩甲骨)、そして頭を付けて立ってみましょう。すると頭が壁に付きにくかったり、頭が付いても腰と壁の隙間が大きくなってしまったりするという場合、「猫背」の姿勢の可能性大です!

もしかしたら猫背の姿勢のまま、有酸素運動を行っていませんか?猫背の姿勢のままで有酸素運動を行っても、なかなか脂肪燃焼効果が得られにくいと言えます!なぜなら脂肪燃焼効率が低下している状態と言えるからです。

「猫背の姿勢」になると脂肪燃焼効率がダウンしてしまう2つの理由
ではなぜ猫背の姿勢になると、脂肪燃焼効率がダウンしてしまうのでしょうか。その理由として2つ挙げられます。

理由1:取り込むことができる酸素の量が少なくなってしまうから
1つめの理由は、猫背の姿勢になると換気量が低下し、取り込むことができる酸素の量が少なくなってしまうからです。

背中を丸めた姿勢と姿勢を正した状態で呼吸をしてみると、その違いが実感できると思います。背中を丸めると、肺や心臓を取り囲む胸郭が狭くなり、呼吸が浅くなってしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.