ビューティ情報『気になる肌荒れにファンデーション厚塗りしてない?コンシーラーを使いこなして透明感を出しましょう!』

2020年11月23日 10:00

気になる肌荒れにファンデーション厚塗りしてない?コンシーラーを使いこなして透明感を出しましょう!

コンシーラーの役割

目次

・リキッドコンシーラー
・クリームコンシーラー
・スティックコンシーラー
・パレットコンシーラー
・目元のクマが気になる方に
・部分的にしっかりカバーしたい方に
コンシーラーの役割
出典:byBirth
寝不足で目の下に濃いクマができてしまった、ニキビの跡が中々消えない…なんて時はもう大変。肌トラブルの中で気になる目の下のクマ・しみ・ニキビなどは、できるだけメイクでカバーしたいですよね。

やりがちなのが、ファンデーションの厚塗り。肌の透明感が出るどころか、濃いベースメイクとなってしまい、老け顔に見えやすくなります。

コンシーラーは、そんな肌の気になる色ムラを部分的にカバーすることができるんです。顔全体をキレイに見せるファンデーションよりも、カバー力のあるコンシーラーは、部分的なしみやニキビ・ニキビ跡を自然になかったようにできる、魔法のようなアイテム。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンシーラーの種類
コンシーラーの種類
出典:byBirth
コンシーラーは、顔のどの部分に使うかで種類を使い分けることで、より仕上がりを綺麗に見せることができます。

リキッドコンシーラー

伸びが良いリキッドタイプは、乾燥しやすい目の下のクマや口角につけることがオススメです。広範囲に使用しても馴染みやすいため、ハイライトとして使っても◎。

クリームコンシーラー

程よいカバー力のあるクリームタイプは、目の下のクマやしみ、ニキビ・ニキビ跡などのあらゆる部分に使えます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.