ビューティ情報『充実したバスタイムを!『入浴剤』の種類ごとに得られる美容効果とは?』

2020年12月7日 20:00

充実したバスタイムを!『入浴剤』の種類ごとに得られる美容効果とは?

おこもり美容がブームの今、1日の疲れをリセットできるバスタイムも、より充実した時間にしたいですよね。そんなバスタイムに、なんといっても欠かせないのが入浴剤ですが、あなたは普段、商品棚にズラッと並ぶ多くの種類から、どのように入浴剤を選んでいますか?

パッケージが「可愛い」や、「値段が安いから」という理由だけで、安易に選んでしまってはいないでしょうか。

パッケージや値段で決めるという選び方が決して悪いという訳ではなのですが、せっかくなら自分の肌状態やお悩みに合う入浴剤をしっかり見極めて選べたらいいと思いませんか?

ということで、今回は入浴剤の種類ごとに得られる効能や美容効果について、詳しくご紹介していきます。自分に最適な入浴剤とは、どんなタイプの入浴剤なのかが簡単に分かる内容になっているので、ぜひ入浴剤選びの参考にしてみてくださいね。

目次

・無機塩類系
・炭酸ガス系
・薬用植物系(生薬系)
・酵素系
・スキンケア系
・粉末・粒タイプ(バスプウダー・バスソルトなど)
・錠剤タイプ(バスボール)
・液体タイプ(バスミルク・バスオイルなど)


入浴剤
出典:byBirth入浴剤の成分別の種類と美容効果
入浴剤は、無機塩類系、炭酸ガス系、生薬系、酵素系、スキンケア系と大きく5つのタイプに分類できます。タイプごとにそれぞれ特化した効能や美容効果があります。

ではさっそく、その特徴をひとつずつチェックしていきましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.