ビューティ情報『肌の乾燥で化粧水が入らない理由と対処法!肌のうるおい約3倍アップを目指す!』

2021年1月20日 16:00

肌の乾燥で化粧水が入らない理由と対処法!肌のうるおい約3倍アップを目指す!

肌の乾燥予防に、多くの女性は化粧水を使います。しかし、肌の乾燥がひどいと化粧水の浸透さえ悪くなり、なかなか効果が出ずに改善まで時間がかかります。

とはいえ、なぜ肌の乾燥で化粧水が入らなくなるのか理解できない人もいるでしょう。本記事では、肌の乾燥で化粧水が入らない理由と対処法について説明します。

化粧水の浸透力を高めるための対処法は、「角質や毛穴の汚れを落とす」「プレ美容液で肌を柔らかくする」「肌の血流を促進する」ことの3つです。

肌の乾燥について

目次

・肌が乾燥した状態とは?
・肌が乾燥すると化粧水が入らない理由
・汚れや不要な角質を落として、化粧水の浸透力を高める
・導入美容液で保湿して肌を柔らかくする
・血流をよくしてターンオーバーを活発にする
肌の乾燥について
出典:byBirth
肌の乾燥は、多くの人が感じやすい肌トラブルの1つです。ここでは「肌が乾燥した状態」と「肌が乾燥すると化粧水が入らない理由」を説明します。

肌が乾燥した状態とは?

肌が乾燥した状態とは、肌の角質層の水分量が少なくなってうるおいがなくなった状態で、ドライスキンといわれることもあります。

肌が乾燥すると、皮膚にツッパリ、かさつき、ひび割れなどを感じやすくなります。また、外的刺激から肌を守るバリア機能が低下するため、紫外線のダメージを受けやすくなり、シミやそばかすなどの肌トラブルも増えます。

さらに、肌が乾燥するとスキンケアで使用する化粧水の浸透力も低下するため、なかなか効果が実感できず改善まで時間がかかることもあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.