ビューティ情報『マスクをとっても美人顔!「ベースメイク」テクニック』

2021年1月24日 08:00

マスクをとっても美人顔!「ベースメイク」テクニック

マスクをとってもキレイな肌を維持するポイント

目次

・イエローべースの下地で黄ぐすみをオフ
・オレンジ系のコンシーラーでクマをカバー
・ブルーのコントロールカラーを顔中心に
・明るめベージュのコンシーラーでリフトアップ
・練りハイライトを“点置き”でポイント使い
・アイブロウパウダーでシェーディングを
マスクをとってもキレイな肌を維持するポイント
出典:byBirth
マスクを外してもキレイな肌を維持するためには、ベースメイクでくすみや色ムラをカバーして、立体感をプラスすることがポイントです。

特に、顔立ちにメリハリがあるとマスクを外しても“美人顔”に見えるため、ハイライトで光を演出していきましょう。

ハイライトを広範囲にのせても、マスクの影響で崩れてしまう可能性が高いので、ハイライトは“点”でポイント置きして、集中的に光を集めるようにするとよいです!

くすみ・色ムラをカバーするベースメイク術
くすみ・色ムラをカバーするベースメイク術
出典:byBirth
まず最初に、お肌全体の色ムラやくすみなどの気になる部分をカバーしていきましょう。

全顔に対してメイクをするというよりも、ポイントで気になる部分をカバーすることで、薄付きなのに悩みがカバーされた理想のお肌に近づくことができます。

イエローべースの下地で黄ぐすみをオフ

もともとの肌の色で黄ぐすみが気になる場合は、イエローのコントロールカラーを使って、くすみをカバーすることをおすすめします。

パープルなど白くなりすぎてしまうコントロールカラーよりも、自然にくすみをおさえることができます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.