ビューティ情報『今こそやりたい『ゼオスキン』!未知なる美肌治療を徹底解説【30代のリアル美容#63】』

2021年3月5日 20:00

今こそやりたい『ゼオスキン』!未知なる美肌治療を徹底解説【30代のリアル美容#63】

→「化粧水〈バランサートナー〉」→「透明感ケア〈ミラミン〉」→「エイジングケア〈ミラミックス+トレチノイン(処方薬)〉」

が基本ステップで、その他のスキンケアは使用しないほうがより効果を実感できます。

またこの期間は美容医療やエステなどでの施術等、他の積極的な治療はお休みし、ゼオスキンに集中を。日中は同ブランドの日焼止めの使用がマストです。

1.反応期(4~6週)
ダメージを受けた肌の表層(角質)が剥がれ落ちて、新たに美しい健やかな肌と入れ替わる、いわゆるダウンタイムの期間。

皮むけ・乾燥・かゆみ・赤み・シワが目立つなど、やや気持ちがへこむ期間となりますが、ここをポジティブに乗り越えることが、美肌への道に。また痒みを伴う酷い乾燥の場合等を除き、過度な保湿を行わず、どんどん剥離させていくべきときです。

あまりに反応が強い場合は、医師に相談しゼオスキンのクリーム等を処方してもらいましょう。

メイクノリも悪くなってしまうため、素敵な予定を入れることはおすすめしませんが、先生曰く、「保湿力の高いクッションファンデーションを使用すると、やや皮むけが綺麗に見える」そうなので、どうしてもの外出時はお試しを。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.