ビューティ情報『はつらつとした印象に!「お疲れ顔」解消のメイク術を徹底紹介』

2021年3月17日 08:00

はつらつとした印象に!「お疲れ顔」解消のメイク術を徹底紹介

“はつらつ肌”のメイクテクニック

目次

・ピンク系のメイクベースでお肌全体を元気な印象に整える
・コンシーラーを広範囲に叩き込んでクマをカバー
・シミ・ニキビ跡はピンポイントでコンシーラーをのせてカバー
・ほうれい線はマットなパウダーでカバー
・にごり・くすみ系のカラーアイテムは使わない
・クリームチークをスポンジで叩き込んでツヤと血色を与える
はつらつ肌のメイクテクニック
出典:byBirth
お疲れ顔を払拭するためには、土台となるお肌づくりも重要視したいところ!はつらつとした印象を手に入れるためには、お肌全体の色味・陰影の作り方・お肌の質感を意識してメイクするとよいでしょう。

なぜなら、“お疲れ顔”や“老け見え”の原因は、お肌のくすみやクマなどの影になるような色系トラブルが引き起こしている可能性が高いからです。さらに、はつらつとした印象を手に入れるためには、元気で艶やかなお肌の質感も意識することがポイント!

ここでは、はつらつとした印象のお肌に仕上げるためのメイクテクニックをご紹介していきます。

ピンク系のメイクベースでお肌全体を元気な印象に整える

“お疲れ顔”に見える原因は、血色が損なわれた肌色やくすみが主な原因。ピンク系のメイクベースを使うと、お肌全体を明るくトーンアップできるうえに、はつらつとした印象を手に入れることができます。

特に、目の下の“三角ゾーン”を中心にお顔の中央を意識してメイクベースをのせると、顔全体を明るく見せることができておすすめです。

コンシーラーを広範囲に叩き込んでクマをカバー

目の下のクマをそのままにしておくと、お顔全体にどんよりとした暗い印象を与え、お疲れ顔を招く原因になりかねません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.