ビューティ情報『イエベ肌でも涼しげカラーを使いたい!違和感なく使えるテクニックとは?』

2021年4月15日 20:00

イエベ肌でも涼しげカラーを使いたい!違和感なく使えるテクニックとは?

イエベ肌×ブルベ色の組み合わせ技

目次

・アイメイクにブルベ色を取り入れる場合
・チークにブルベ色を取り入れる場合
・リップにブルベ色を取り入れる場合
・ルナソルアイカラーレーション12
・to/oneロング ラッシュ マスカラ(SL)02
・コスメデコルテAQ ブラッシュ04
・ジバンシイローズ・パーフェクト304
イエベ肌×ブルベ色の組み合わせ技
出典:byBirth

アイメイクにブルベ色を取り入れる場合

筆者も実践している寒色系カラーの取り入れ方ですが、例えばアイシャドウでブルーやパープルを入れたい場合。上まぶたの広い範囲に馴染ませると、青アザのようになってしまうことがあります。

おすすめの取り入れ方は、「アイラインのように細く入れる」もしくは「下まぶたのまつ毛キワに細く入れる」という方法です。ワンポイントで小さな範囲に濃く入れることで、目元全体がスッキリして使いこなしやすくなります。

ワンポイントでしか使えなさそう!という方は、アイシャドウではなくカラーアイライナーを用意しておくといいかもしれません。アイシャドウやアイライナーで取り入れてみたけど、やっぱり使いこなしが難しい…と感じる方は、カラーマスカラがおすすめです。色をさりげなく感じるぐらいなので、誰でも簡単に取り入れやすいです。

チークにブルベ色を取り入れる場合

byBirth読者の皆さまは、おそらく30代の方多いでしょう。チークのカラーとして多い青みピンクは顔の中央に丸く入れると、ガーリーすぎる仕上がりになってしまったり、変に目立ってしまうことがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.