ビューティ情報『「有酸素運動」をしているのに痩せない理由とは?』

2021年4月26日 16:00

「有酸素運動」をしているのに痩せない理由とは?

有酸素運動で脂肪が燃焼されるメカニズム
まずは「有酸素運動で脂肪が燃焼されるメカニズム」について触れておきましょう。

有酸素運動を始めると交感神経が優位になり、「カテコールアミン」というホルモンが分泌されるようになります。すると「リパーゼ」という脂肪分解酵素が活性化され、脂肪細胞に含まれている中性脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解されます。

分解された遊離脂肪酸は血液中に放出されて、全身の筋肉に運搬されます。筋肉に運ばれた遊離脂肪酸は、その中の「ミトコンドリア」に入って完全に酸化し、大きなエネルギーを放出します。

これが有酸素運動で脂肪が燃焼されるメカニズムです。

目次

・1:「運動強度」が高すぎる
・2:有酸素運動だけしか行っていない
・3:筋トレの前に有酸素運動を行ってしまっている


有酸素運動で脂肪が燃焼されるメカニズム
出典:byBirth有酸素運動をしていても痩せない「3つの理由」
有酸素運動は体脂肪を減らす運動であるはずなのに、なぜ体脂肪をなかなか減らすことができないのでしょうか。考えられる理由として、主に3つ挙げることができます。

1:「運動強度」が高すぎる

有酸素運動を行う際によくある間違いの1つとして、「運動強度が高すぎること」が挙げられます。

「体脂肪を減らしたい!」という想いが強すぎて、呼吸が激しく乱れるほどの運動強度で行っていませんか?もしくは、運動強度が高いほど脂肪を燃やすことができると思っていませんか?

実は運動強度が高いほど脂肪は燃焼されません!運動強度が高いと脂肪を燃やしているつもりでも、実際には“不完全燃焼”を起こしてしまっているのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.