ビューティ情報『今から始めておきたい「夏冷え」対策』

2021年6月16日 20:00

今から始めておきたい「夏冷え」対策

「夏冷え」が起こるメカニズム
まずは夏冷えがどのようにして起こるのか、そのメカニズムについて触れておきましょう。

夏場は30℃を超える屋外に対して、オフィスなどの室内は冷房がガンガンに効いていて25℃を下回る室温のところが多く、屋外と室内の温度差が大きい状態にあります。

このように屋外と室温の温度差が大きいと、熱の放出と産出を頻繁に繰り返さなければならないので、自律神経への負担が大きくなってしまいます。

すると、体温調節機能が低下してしまい、「冷え」の症状が現れると言われています。

その他にも、夏場は冷たい食べ物や飲み物を多く摂ってしまったり、入浴も湯船ではなくシャワーで済ましてしまいがちです。

このようにカラダを冷やしてしまう条件が重なることから、夏場は冷えが起こりやすい時期とも言えます。

目次

・1:冷房の設定温度を「外気温-5℃以内」に設定すること
・2:「湯船」に浸かること
・3:「カラダを温める食品」を積極的に摂るようにすること
・4:「運動」をすること


夏場は冷えが起こりやすい時期
出典:byBirth「冷え」によってもたらされる不調
冷えは文字通り、手足やお腹などカラダ全体に冷えを感じるようになります。

それだけでなく、冷えは倦怠感や頭痛、肩こり、食欲不振、生理痛、便秘、不眠など、カラダに様々な不調をもたらしてしまいます。

冷えると太りやすくなる!?
冷えはカラダに様々な不調をもたらすだけでなく、太りやすいカラダにしてしまうとも言えます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.