ビューティ情報『「スクワット」のダイエット効果をグンと高める3つのポイントとは?』

2021年10月23日 16:00

「スクワット」のダイエット効果をグンと高める3つのポイントとは?

まずは「スクワットの基本的なフォーム」を再確認
まずは「スクワットの基本的なフォーム」を再確認しておきましょう。

目次

・1:お尻を膝もしくはそれよりもやや低い高さまで下ろすこと
・2:下ろす動作をゆっくり行うこと
・3:休憩時間は短く、セット数は多めに


スクワットの基本的なフォーム
出典:byBirth
  • 肩幅程度に足幅を広げ、つま先はやや外側に向けて立ちます。
  • 両手を頭の後ろに組んで肩甲骨を内側に寄せて胸を張り、お尻を軽く後ろに突き出した体勢を作ります。目線は正面に向けておきます。
  • 息を吸いながら、後ろに突き出したお尻を膝、もしくはそれよりもやや低い位置までゆっくりと下ろしていき(写真左)、息を吐きながら足裏で床を押し蹴るようにすることで立ち上がる(写真右)という動作を繰り返します。
  • そうすることでお尻の筋肉である「大殿筋」や、太ももの筋肉である「ハムストリングス」と「大腿四頭筋」に効かせることができます。

    スクワットは特別なトレーニングツールが無くてもできるエクササイズなので、おうちでダイエットのためにトレーニングを始めようと思っている方にもお勧めできるエクササイズの一つと言えます。

    そもそもなぜ「スクワット」がダイエットにも有効なのか?
    下半身の代表的なエクササイズであるスクワットですが、そもそもなぜダイエットにも有効と言えるのか、その理由について触れておきましょう。

    関連記事
    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.