ビューティ情報『体脂肪がなかなか減らない…その意外な理由とは?』

2022年1月17日 16:00

体脂肪がなかなか減らない…その意外な理由とは?

体脂肪が減らない理由は「食べないこと」だった!?
「食べていないのになぜ体脂肪が減らないのでしょうか?」というご質問をよく受けますが、そもそも食べないことこそが体脂肪が減らない理由です!

それではなぜ食べないと体脂肪が減らないと言えるのか、その理由として次の3つが挙げられます。

理由1:消費エネルギー量が減少してしまうから

目次

・理由1:消費エネルギー量が減少してしまうから
・理由2:血糖値が急激に上昇しやすくなるから
・理由3:過食になりやすくなるから
・1:「一日3食」をしっかり摂るようにする
・2:「アンダーカロリー」にする
・3:よく噛んで食べること
消費エネルギー量が減少してしまうから
出典:byBirth
食べなくなるとエネルギーがカラダの中に入ってこなくなるため、エネルギー不足となります。すると、カラダは筋肉を分解することでエネルギーを作り出すので、筋肉量が減少してしまいます。

筋肉量が減少すると基礎代謝の低下を招いてしまいます。基礎代謝は一日の総消費エネルギー量の70%を占めているので、基礎代謝が低下してしまうと、消費エネルギー量も減ってしまうことになります。

消費できるエネルギー量が減ってしまうとエネルギーが余ってしまい、その余ったエネルギーは脂肪細胞に蓄えられてしまうことになります。そのため脂肪が減るどころか、つきやすくなってしまいます。

理由2:血糖値が急激に上昇しやすくなるから

血糖値が急激に上昇しやすくなるから
出典:byBirth
空腹状態が長く続くと、血糖値が下がった状態になります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.