ビューティ情報『将来のために今から備えておかない?「マスク肌荒れによる色素沈着」「マスク焼けによるシミ」にさせないためにしておくべきこと』

2022年5月1日 20:00

将来のために今から備えておかない?「マスク肌荒れによる色素沈着」「マスク焼けによるシミ」にさせないためにしておくべきこと

マスク生活により将来招きやすい肌トラブルとは

目次

・長引く肌荒れは「色素沈着」を招きやすい
・マスク日焼けによる「シミ」を招きやすい
・石井クリニック美容研究所DERMA FIT JELLY(ダーマフィットジェリー)
・ミキモト コスメティックスホワイトニング リペアスティック
肌トラブル
出典:byBirth
マスク生活によって以下のようなことを感じませんか?

  • マスクをつけたまま会話をすることでマスクが擦れ、頬や口元がガサガサになる、皮がめくれる、スキンケアがピリピリするなど肌が荒れる
  • マスクから露出しているチークゾーン、鼻、おでこ、耳の前などが日焼けする

長引く肌荒れは「色素沈着」を招きやすい

肌荒れは肌表面のバリア機能が低下しているため、日々のスキンケアによる修復が必要です。

しかし、毎日のマスク装着によって肌荒れが治りづらく、摩擦を繰り返し、長期間続くことでゴワつくような質感や色素沈着を招く原因となります。

マスク日焼けによる「シミ」を招きやすい

紫外線対策をしていても、マスクに覆われていないチークゾーン、鼻、おでこ、耳の前などは日焼けリスクが高まります。

紫外線は日焼けだけでなく、肌内部にもダメージを加え、シミやシワを招く原因となります。

将来の色素沈着・シミを招かないためにしておくべきこと
今の肌トラブルが深刻な悩みでなくても、年々ダメージが加わり続けることで、将来の色素沈着、シミ、シワを招きやすくなります。

将来「肌の質感が悪くなった」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.