ビューティ情報『日焼け止めのベタつきが苦手な方必見!さらさらタイプの日焼け止め5選』

2022年5月13日 08:00

日焼け止めのベタつきが苦手な方必見!さらさらタイプの日焼け止め5選

ベタつきにくい日焼け止めを選ぶ方法
日焼け止めを塗ったあと、肌がベタベタして不快に感じた経験はありませんか?特に夏場は皮脂やテカリが気になりやすい季節。そこに日焼け止めのベタつきが加わると、メイクのりが悪くなったり、崩れやすくなったりといったデメリットも生じてしまいます。

あなたを悩ませている日焼け止めのベタつき、その原因はどこにあるのでしょうか?

ベタつきの原因は配合成分にある!?

目次

・ベタつきの原因は配合成分にある!?
・種類別のメリット・デメリット
・Koh Gen Do(江原道) ウォータリーUV ジェル
・Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) UV&ホワイト モイスチャーゲル50+
・CLINIQUE(クリニーク) イーブン ベター シティ ブロック アクア ジェル 45
・SEKKISEI(雪肌精) スキンケアUVジェル
・紫外線予報UVさらさらジェル
ベタつきの原因
出典:byBirth
日焼け止めがベタついてしまう主な原因は、配合されている成分にあります。日焼け止めといってもさまざまな種類が売られていますが、中でも保湿効果が高いとされる「クリームタイプ」と「ミルクタイプ」には油分が多く含まれており、塗った後もベタつきが残りやすくなります。しっかりと保湿をしたい乾燥肌の方には適していますが、オイリー肌の方やテカリが気になる方は避けた方がよいでしょう。

また日焼け止めには紫外線を防ぐ成分として「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類の成分が配合されています。「紫外線吸収剤」は科学的な仕組みで肌を守ってくれる成分で、紫外線を熱や赤外線などのエネルギーに変換して、肌へのダメージを防ぎます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.