ビューティ情報『有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めるストレッチ3選』

2022年5月21日 08:00

有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めるストレッチ3選

有酸素運動で脂肪が燃焼するメカニズム
有酸素運動は脂肪をエネルギーとして使う運動なので、体脂肪を減らす運動として有効です。

では、どのようにして脂肪が燃焼されるのか、そのメカニズムについて簡単に触れておきましょう。

まず運動を始めると交感神経が優位に働くようになり、「カテコールアミン」というホルモンが分泌されるようになります。すると脂肪分解酵素である「リパーゼ」が活性化されるようになり、脂肪細胞に含まれている「中性脂肪」が「遊離脂肪酸」と「グリセロール」とに分解されます。

遊離脂肪酸は血液中に放出されて、全身の筋肉へ運搬されます。筋肉に運ばれた遊離脂肪酸は、その中の「ミトコンドリア」というところに入って完全に酸化し、大きなエネルギーを放出すると言われています。

これが有酸素運動で脂肪が燃焼するメカニズムです。

目次

・(1)胸椎伸展ストレッチ
・(2)大胸筋及び小胸筋への静的ストレッチ
・(3)肩甲骨内転方向への動きを高める動的ストレッチ


脂肪が燃焼するメカニズム
出典:byBirthなぜ有酸素運動で脂肪がエネルギーとして使われるのか?
先ほど「有酸素運動は脂肪をエネルギーとして使う運動」とお伝えしましたが、それではなぜ有酸素運動で脂肪がエネルギーとして使われるのでしょうか。

その理由は、脂肪を燃焼させるには大量の酸素が必要となるからです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.