ビューティ情報『色の力でクマを隠す!『コントロールカラー』を使った崩れないベースメイクの作り方』

2022年6月15日 16:00

色の力でクマを隠す!『コントロールカラー』を使った崩れないベースメイクの作り方

コンシーラー、もう要らないかも?

目次

・コントロールカラーって何?
・まずは日焼け止めや化粧下地で土台作りを
・悩みのある部分にピンポイントでコントロールカラーをON
・上からファンデーションを重ね、仕上げにパウダーを使い密着感を高める
・NARS(ナーズ) ラディアントクリーミーカラーコレクター00251
・ARMANI beauty(アルマーニ ビューティ) デザイナー メッシュ クッション
・セザンヌ毛穴レスパウダー
コンシーラー
出典:byBirth

コントロールカラーって何?

コントロールカラー
出典:byBirth
なかなか使う機会がないという方も多いかと思いますので、改めてコントロールカラーについてご説明します。

コントロールカラーとは、コンシーラーやファンデーションのように「肌色」を重ねて肌トラブルを隠すのではなく、「色」の力で補正するためのアイテムです。コントロールカラーの色は様々で、一般的には化粧下地のように使われることが多いです。

例えば肌の赤みが気になる方はグリーンのコントロールカラーを重ねると、補色の関係で赤が打ち消され、赤みを目立たなくさせます。

また、肌全体の黄ぐすみが気になる方は、ラベンダーのコントロールカラーを使うと透明感がアップします。普段から顔色が悪く見える方は、ピンクのコントロールカラーを使うと血色感がアップし、健康的な肌を演出することができます。

このように、色の力で肌トラブルを補正することで、ファンデーションの厚塗りを防ぎ、ナチュラルにベースメイクを完成させることができます。

今回は、筆者の悩みでもある「クマ」を隠すためのコントロールカラーを使用しますが、その色は「オレンジ」。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.