ビューティ情報『”短時間睡眠”でも疲れ知らずに!「深い眠り」をするポイント!』

2016年11月14日 18:00

”短時間睡眠”でも疲れ知らずに!「深い眠り」をするポイント!

私たちの生活に欠かせないものといえば睡眠。美容にも健康にも直結をする大事な要素なので、できるだけ短い時間でもしっかり深い眠りにつきたいもの。
でも、なかなか長時間眠る時間を取れないという方も多いのでは?
でも、大丈夫!少しの工夫で睡眠の質を上げることができるのです。
今回は睡眠のタイプとポイントについて解説します。

そもそも、睡眠って何時間必要なの?
shutterstock_465220748


個人差はありますが、多くの人は毎日7〜8時間睡眠が必要です。7時間を切ると、集中力や判断力が低下してしまったりと、健康に良くありません。しかし、訓練次第で6時間くらいまで短縮しても問題ない体にも変化できるんです。人間の体って不思議ですね。

短くても平気!や、長く寝ないといけない人もいる?
shutterstock_367741853


ごく少数派ですが、全体の5〜8%はショートスリーパーと呼ばれ、4時間睡眠でも全く問題ない人もいます。逆に、3〜9%はロングスリーパーといい、10時間くらい寝ないと体に支障が出てきてしまう方もいます。

有名人ではエジソンは4時間ほどしか寝ていませんでした。完全にショートスリーパーですね。逆に、アインシュタインはロングスリーパーで、10時間ほど眠っていたという話もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.