ビューティ情報『アイプチはもう”卒業”!一重、奥二重を「優しげデカ目」にする方法』

2017年2月8日 06:00

アイプチはもう”卒業”!一重、奥二重を「優しげデカ目」にする方法

一重まぶたを”ぱっちり”させるアイメイク術

アイラインテクニック

目次

・アイラインテクニック
・アイシャドウテクニック
・まつ毛で目を大きくするテクニック
・アイラインテクニック
・アイシャドウテクニック
・まつ毛で目を大きくするテクニック
shutterstock_113000989


まず、「上まぶた」に、アイラインは5㎜くらい気持ち太目に引きます。この時、黒色で太く入れてしまうとケバケバしくなるので、ブラウンでいれるのがオススメです。ブラウンで入れた上に、黒目の部分に細く黒色アイラインを入れると、さらに目元が強調されます。

次に、「下まぶた」は、目尻から黒目までの部分にアイシャドウを塗り、”目の奥行”を演出します。先の細いチップを使い、目尻から黒目に向かって、少し丸くなるように薄めに塗るのがポイントです。

アイシャドウテクニック

shutterstock_113001031


濃い色をたくさんのせてしまうと、それだけ目の上が重い感じになってしまい、一重まぶたが余計腫れぼったく見えてしまうのでNGです。眉山の下やCゾーンにハイライトを、眉頭から目頭の間、眉尻から目尻の間にシェーディングを入れて立体感を出すようにしましょう。

色はホワイトやシャンパンゴールド、シルバーなどがオススメですが、ピンクシャドウを使うなら、目の周りに肌色よりもやや明るいベースを塗り、ナチュラルメイクで色を入れるなら、ピンクやオレンジを目じりに少しつける程度が良いです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.