ビューティ情報『「外国人風カラー」って何?美容師が”夏にぴったりのヘアカラー”を解説!』

2017年7月19日 12:00

「外国人風カラー」って何?美容師が”夏にぴったりのヘアカラー”を解説!

巷で見かける「外国人風カラー」というキャッチコピー。その言葉がさす範囲は広く、多様ですが、特徴としてはナチュラルなハイライトや、赤みを抑えた色味など。今回は写真を例に挙げながら解説していきます。この夏の、ヘアカラーの参考にいかがでしょう?

「外国人風」カラー?
何をもって外国人風と言うかは人により、国により、違いますが、「地毛が黒髪」である割合が高い日本人にとっては、言ってしまえば黒髪以外は全部外国人風・・・そんな気もしなくはない今日この頃ですが、いわゆる「外国人風」と言われるカラーの特徴と参考例を挙げてみましょう。

アッシュ、ベージュ、ブロンド、オリーブ系などの赤みを抑えた色味

目次

・アッシュ、ベージュ、ブロンド、オリーブ系などの赤みを抑えた色味
・ブリーチ+カラー
・ハイライトやローライトを入れる
・あえて暗めの色を入れる
・色の不思議?!
shutterstock_506426635


髪を明るくしても、なんだか外国人のような色とは違う・・・そう感じたことがある人は多いはず。そう思って外国の人の髪を見てみると、髪色が明るいと言うよりも、色素が薄く透明感がある、という感じ。黒髪ならではの地毛の赤みの強さで、どうしてもその“透明感”が出しにくい。

そうなった時に目指すのがアッシュやブルー、マットなどの寒色系が効いた上記のような赤みを抑えたヘアカラーとなってきます。

ブリーチ+カラー

shutterstock_556441474


そしてまず、赤みを消すならばブリーチはやはり効果的。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.