ビューティ情報『生理前の不快、PMSの症状について。似ている病気もあるので要注意!』

生理前の不快、PMSの症状について。似ている病気もあるので要注意!

目次

・PMSの不快な症状を80%の女性が経験
・PMSの体の症状
・PMSの心の症状
・PMS体験者の声
・なりやすい性格
・PMSの症状を治療で改善
・PMSと症状の似ている病気がある
・まとめ
10657

PMSとは月経前症候群のことで、生理前になると、頭痛や腹痛、イライラ、無気力などの症状があらわれます。PMSの症状や程度は人によってさまざまですが、その数は200種類以上とも言われています。今回は、PMSの症状や対処方法、似ている病気について詳しく解説します。

PMSの不快な症状を80%の女性が経験

生理前になると頭が痛くなったり、イライラしてしまうことはありませんか。 これらの不調が生理前にあらわれることを、月経前症候群(PMS)と言います。

PMSの症状は、排卵後からあらわれやすくなります。 そして、生理の1週間前から2~3日前になると症状が顕著になり、生理が始まるとウソのように症状がなくなっていきます。

PMSの原因にはさまざまな説がありますが、ホルモンの急激な変化やストレスなどがあげられています。

また、PMSは生理のある女性の80%が経験していると言われていますが、症状や程度は人によってさまざま。 実に、PMSの症状は、200種類以上もあるのです。

具体的にはどのような症状があるのか、「体」と「心」に分けて見ていきましょう。

PMSの体の症状

  • ・頭痛
  • ・頭が重い
  • ・腹痛
  • ・下腹部がはる
  • ・乳房がはる
  • ・便秘
  • ・下痢
  • ・むくみ
  • ・おりものが増える
  • ・だるい
  • ・肩こり
  • ・背中が痛い
  • ・腰痛
  • ・眠い
  • ・不眠
  • ・ほてり
  • ・めまい
  • ・立ちくらみ
  • ・手足の冷え
  • ・食欲低下
  • ・体重が増える
  • ・のどが渇く
  • ・吐き気
  • ・しびれ
  • ・耳鳴り
  • ・肌荒れ、にきび
  • ・化粧ののりが悪い
これらの症状は、複数同時にあらわれることもあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.