ビューティ情報『【若手社員必見!】忘年会の幹事をスマートに乗り切る3つのコツ』

2016年11月9日 16:00

【若手社員必見!】忘年会の幹事をスマートに乗り切る3つのコツ

【若手社員必見!】忘年会の幹事をスマートに乗り切る3つのコツ


11月から12月にかけては、学園祭の打ち上げや忘年会などなにかと宴会シーズンが到来する時期です。こうした中で初めて幹事に抜擢される人もいるでしょう。

「飲み会の幹事なんてやってられるか!」と思うかもしれませんが、こうした企画のセッティングは、社会人になっても意外と役に立つものです。

そこでここでは、憂鬱に感じる「飲み会の幹事」をスマートかつ楽しく乗り切るアイディアを紹介しましょう。社会人1~2年生も必見です。

■協力者を募れ

まず幹事で重要なのは、相談役を作ることです。特に人数が多いサークルの幹事ほど、一人で担当すると目が行き届かなくなります。そういう時は複数名で幹事を任せられるものですが、もし一人で任命された時は、一人友人を味方につけましょう。

「こういう部分を手伝ってほしい」ということを明確に伝えておけば、よほどのことがない限り協力してくれるはずです。味方をつけることで、ダブルチェック機能も働きます。事前準備の漏れや会計作業の面でも、心強い存在となるでしょう。

さらに幹事をスマートにやりたい場合は、お店の人を味方につけるというのも一つです。お店のことを知るのは、何と言ってもお店の人です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.