ビューティ情報『医師が解説!「がんと闘う」力弱まる“ゴースト血管”とは』

2019年3月13日 06:00

医師が解説!「がんと闘う」力弱まる“ゴースト血管”とは

それだけでなく、血管ゴースト化したままでは、抗がん剤もがん細胞に届かなくなってしまうという――。

「毛細血管は、加齢によって衰えていきます。40代を過ぎると、老化とともに壁細胞が変形したり、なくなったりしてしまい、内皮細胞の機能も低下する。これらをさらに加速させるのが、高血糖と、喫煙や飲酒、ストレスによる酸化。血糖値が上がり、体が酸化していくと、壁細胞がダイレクトにダメージを受け、ゴースト血管になってしまうのです」

ゴースト血管になると、壁細胞が失われ、内皮細胞どうしが無秩序に連結。酸素や栄養が正しく運ばれなくなるという。しかし、「何歳からでも、がんと闘う血管をつくることができる」と高倉教授は語る。

「ゴースト化してしまった毛細血管は、生活習慣を改善することによってまっすぐに伸ばすことができ、本来の機能を取り戻せます。酸化を防ぐために喫煙やアルコールを控えるのはもちろん、血糖値を急激に高めるようなジュースの一気飲みは厳禁です」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.