ビューティ情報『医師が推奨!不眠や生理痛、頭痛も…「平熱36.5度」が不調を防ぐ』

2020年2月14日 15:50

医師が推奨!不眠や生理痛、頭痛も…「平熱36.5度」が不調を防ぐ

がぜんやる気が出て、心なしか体もほっそり。冷えはほかの不調にも関係すると聞いたので、生活習慣病が気になる年ごろですし、その前に改善できてよかったです。

■20代から抱えてきた持病の数々……1カ月で生理痛、3カ月で頭痛が消えたのです!(S・Yさん、40歳)

23歳のころに自律神経失調症とパニック障害を発症し、以来、めまいや耳鳴り、肩こり、頭痛、生理不順、頻尿、便秘や下痢をくり返すなど、もう不調のデパートかというくらい、体調には日々、悩まされてきました。それがまさか、低体温が原因だったなんて!しかもそのとき体温を測ったら、36.2度あったので、それでも平熱より低いなんて、と驚きました。ところが、先生の指導で漢方を服用し、にんじんやしょうがなどの体を温める食材を積極的に食べ、軽いストレッチ、入浴、腹巻きの習慣を身つけたら、まず、1カ月後にはあんなにつらかった生理痛が消え、3カ月後にはめまいや頭痛が激減して。ほかの不調も気にならなくなっていき、大げさでなく、人生がバラ色に!(笑)体温恐るべし、を痛感しています。

さっそく今日から「温活」を実践し、気になる不調を解消しよう。

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.