ビューティ情報『肺炎の重症化を防ぐため「気道クリアランスの維持を」を医師』

2020年6月4日 11:00

肺炎の重症化を防ぐため「気道クリアランスの維持を」を医師

「気道は『空気の通り道』と書くように、人体にとっては大気と通じる『外界』との接点とも考えられます。そういう意味では、毛細血管がある『肺胞』から先が“体内”である、という捉え方もできるわけです。そうすると、肺胞のすぐ手前で機能する気道クリアランスは、体を自宅にたとえたときに『玄関』あるいは『門扉』といえる存在かもしれません。ここで悪者を追い払わないと、侵入されて、家中を荒らされてしまう。そんな場所といえるでしょう」

肺は気道クリアランスを中心とした一連のチームワークによって守られているが、この気道クリアランスも免疫力同様、加齢により機能が低下する。

「線毛自体の働きが鈍くなるほか、粘液の流れが悪くなったり、乾燥する可能性が考えられます。さらに、高齢になれば筋力も低下するため、せっかく異物を粘液で塊(痰)にしても、気管支の筋肉(膜様部)や呼吸筋、喉頭筋の働きが弱いために外に吐き出すことができず、喉の辺りにとどまってしまうことも。年齢を重ねるほど、肺の予備力と気道クリアランスを保つ生活を心がけましょう」

「女性自身」2020年6月16日号 掲載

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.