ビューティ情報『栄養学博士が語る「食べ合わせ」ジャムとソーセージはNG』

2020年8月19日 11:00

栄養学博士が語る「食べ合わせ」ジャムとソーセージはNG

【ブロッコリー】効果を高める食べ合わせ:味噌、そば

ブロッコリーのスルフォラファンと味噌の脂肪酸エチルにはそれぞれがん予防効果が。血管の弾力を増し体を元気にするルチンを含むそばと組み合わせても◎。

【アボカド】効果を高める食べ合わせ:いちご、マグロ

アボカドに含まれるプロトカテク酸ががん細胞増殖を抑制。いちごは肝臓がん増殖因子を抑制する働きが期待できる。マグロの不飽和脂肪酸にもがん予防効果が。

【アーモンド】効果を高める食べ合わせ:バター、にがうり

アーモンドのビタミンE、ポリフェノールは血管年齢を若返らせ、バターのビタミンAは肺がんを防ぐ。がん予防効果のあるにがうりのモモルデシンとも相性◎。

【緑茶】効果を高める食べ合わせ:べったら漬け、キムチ

緑茶に含まれるカテキンにはがんの原因ともなる活性酸素を除去する作用がある。麹のポリフェノール、キムチの乳酸菌にもがんを予防する効果がある。

「がんの予防のためには免疫力アップが不可欠。そのために、活性酸素を取り除く効果の高い抗酸化食品を積極的に取ることが大切です。ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、βカロテン、ポリフェノールなどが含まれる野菜や果物を意識的に取りましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.