ビューティ情報『満月にイライラ…「月の満ち欠け」が心と体に与える影響とは』

2020年10月3日 15:50

満月にイライラ…「月の満ち欠け」が心と体に与える影響とは

ちなみに、中秋の名月の約1カ月後に訪れる十三夜は、栗名月と呼ばれる。

【取り入れたい薬草】

免疫力を上げ、美容健康に万能の「緑茶」

【おすすめレシピ】

「緑茶入り栗おこわ」

【作り方】

(1)炊飯器に米2合、酒大さじ2、みりん大さじ2、塩小さじ1/2、緑茶の茶葉小さじ2、炊飯用の水、あく抜きした栗8個をのせて炊飯する。
(2)できあがったら器に盛り、好みで緑茶の茶葉をかける。〈栗の甘露煮の場合は炊き上がってから加える〉

■「満月」月のエネルギーが最も強まる日

最大になった月のパワーは、ぜひ月光浴で取り入れて。月の力を全身に届けるため、血の巡りをよくする食事を。満月の夜は気持ちが高揚しやすいので、カモミールティーで心を落ち着かせて眠りにつこう。
【取り入れたい薬草】

体を温め新陳代謝を高める「生姜」

【おすすめレシピ】

「生姜入り芋煮」

【作り方】

(1)鍋に、だし400ml、酒大さじ1、皮をむいた里芋6〜8個、一口大にちぎったこんにゃく160gを入れて火にかけ、沸騰したら中火で10分煮る。
(2)斜め薄切りにした長ねぎ1本、食べやすく切った油揚げ1枚、醤油大さじ1と1/2、みりん大さじ1と1/2を入れ弱火で5分煮る。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.