ビューティ情報『ダイエット中にうどんは不向き? 効果的な取り入れ方とレシピ』

2021年1月27日 16:52

ダイエット中にうどんは不向き? 効果的な取り入れ方とレシピ

ダイエット中、うどんはいい?悪い?

目次

・ダイエット中、うどんはいい?悪い?
・糖質は“食べ過ぎ”が厳禁!「うどん」は量のコントロールがしやすい
・ダイエット中に知っておきたいうどんの知識
・うどんに含まれる栄養素
・乾麺、生うどん、冷凍うどん、違いはある?
・栄養価が高い「全粒粉うどん」
・ダイエット中におすすめのうどんの食べ方
・ダイエット中は冷たいうどんがおすすめ
・のど越しではなく「噛み応え」を楽しむ
・主菜、副菜を合わせる
・ダイエット中に摂るときの注意点
・1日に摂る量の目安
・うどんの適量の目安
・GI値はそれほど低くない。食べ過ぎに注意
・つゆのつけ過ぎや飲み過ぎに注意
・ダイエット中におすすめの簡単で栄養たっぷりなうどんレシピ3選
・鯖みぞれうどん
・冷やし豆乳キムチうどん
・サンラータン風うどん
・まとめ
1150113717


ダイエット中、特に気になるのが、主食のこと。ダイエット中にうどんは食べても大丈夫なのでしょうか。

糖質は“食べ過ぎ”が厳禁!「うどん」は量のコントロールがしやすい

糖質を多く含む「主食」の“摂り過ぎ”がダイエットの妨げになるということは、良く知られています。そのため、ダイエット中にうどんは良くないのでは?と思うかもしれません。

しかし、糖質は身体に必要不可欠な栄養素なので、まったく摂らないのは体に良くないうえ、リバウンドを引き起こす可能性も。つまり、ダイエット中は主食の「量」に注意する必要があります。

うどんは主食の中でも食べる量のコントロールがしやすく、食べ方次第ではダイエットに効果的に活用することも可能なのです。

ダイエット中に知っておきたいうどんの知識

904818028


うどんをダイエットに上手に取り入れるうえで、知っておきたい基礎知識を詳しく解説します。

うどんに含まれる栄養素

うどんに含まれる栄養素のほとんどは糖質で、そのほか、ビタミンB群やカルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルを微量に含みます。

エネルギー源である糖質をとるための主食として、ご飯と栄養価がよく似ています[*1]。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.