ビューティ情報『ダイエット中にうどんは不向き? 効果的な取り入れ方とレシピ』

2021年1月27日 16:52

ダイエット中にうどんは不向き? 効果的な取り入れ方とレシピ

乾麺、生うどん、冷凍うどん、違いはある?

そば、中華麺、パスタなど、うどん以外の麺類では、複数の種類の粉を使う、つなぎが入るなど、製品によって原材料が異なります。しかし、うどんは、原材料が「小麦粉」「塩」「水」の3つというのが基本。重量が同じであればカロリーや含まれる栄養素はそれほど変わりありませんが、製品によって、太さやコシなどの食感に特徴があります。

ゆでうどんや冷凍うどんは手軽に食べることができ、弾力と歯切れの良さを両方持ち合わせた食べやすさが魅力です。一方で乾麺や生うどんは茹でるのに時間がかかりますが、強いコシがあり噛み応えがあります。生活や好みに合わせて好きなものを選ぶと良いでしょう。

栄養価が高い「全粒粉うどん」

穀類は、精製度の違う原材料を使うことにより、仕上がる食材の見た目や栄養素が変わります。例えば、ご飯では白米と玄米、パンでは白パンと全粒粉パンなどが代表的です。

うどんは精製した白い小麦粉を使用する場合が多いですが、最近では、「全粒粉うどん」をスーパーやインターネットなどで目にすることが増えてきました。全粒粉は、白い小麦粉に比べて、ビタミンB1、ビタミンB6、鉄、亜鉛、マグネシウム、食物繊維などが多く含まれます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.