ビューティ情報『ダイエット中にうどんは不向き? 効果的な取り入れ方とレシピ』

2021年1月27日 16:52

ダイエット中にうどんは不向き? 効果的な取り入れ方とレシピ

70以上で高GI食品、56~69で中GI食品55以下で低GI食品と定義されています。うどんのGI値は62程度なので、中GI値食品にあたります[*3,4]。

食べ過ぎや単品で食べることは避け、適量を野菜などと組み合わせてバランスよく食べることを守りましょう。

つゆのつけ過ぎや飲み過ぎに注意

つゆを含めたうどん1杯分の塩分は4~6g程度になります。女性の食塩摂取量の1日の目標は「6.5g未満」[*6]なので、つゆまですべて飲んでしまうと、1食で1日の塩分摂取量近くまで達してしまいます。

塩分を摂り過ぎると体に悪いばかりでなく、むくみから体重が増えることにもつながってしまいます。つゆを残せば塩分摂取量は半分程度になります。つゆのつけ過ぎや飲み過ぎは塩分や糖分の摂り過ぎにつながるため、全部飲まないように気を付けましょう。

ダイエット中におすすめの簡単で栄養たっぷりなうどんレシピ3選

1253575886


ここからは、うどんを栄養たっぷりな1品にできる簡単レシピをご紹介します。

鯖みぞれうどん

エネルギー343kcal、糖質47.9g(ともに1人前)

材料(2人分):冷凍うどん200g、鯖水煮缶1缶、大根3cm、水菜50g、レモン1/2個、めんつゆ(ストレート)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.