ビューティ情報『うつくしくいるための食事法、“まごわやさしい”とは?』

うつくしくいるための食事法、“まごわやさしい”とは?

2018年4月2日 20:00
 

寝不足で肌がくすんでしまったり、油っぽいものを食べたら次の日ニキビが現れた……そんな経験をしたことがある人も多いはず。

美肌を目指す上で毎日のスキンケアはもちろん大事ですが、なかなか治らない肌荒れは内臓の不調が原因かもしれません。

中医学では昔から「肌は内臓の鏡」とも言われているほど、肌と内臓は密接な関係にあるのです。

体の不調が肌荒れにつながっている

私たちが食べたものは胃腸で消化吸収され、その栄養は血液を通って身体中に運ばれています。

胃腸の調子が悪いと消化吸収効率が落ちてしまい栄養がうまく体に取り込めなかったり、肝臓の働きが落ちるとアルコールなどを解毒する力が弱まって毒素が体内に停滞してしまうため、肌荒れやくすみにつながります。

私たちのからだに生きる「腸内フローラ」

私たちの腸内には、数百種600兆個以上の細菌が生息しています。腸壁にびっしり住み着いているその様子がお花畑(flora)のように見えることから、ついた名前が「腸内フローラ」。

目次

・体の不調が肌荒れにつながっている
・私たちのからだに生きる「腸内フローラ」
・内臓環境を整える食事習慣
・腸内環境を整える発酵食品を積極的に摂る
・就寝前3時間以内は食事をしない
・美肌にもいい食べ物「まごわやさしい」
・ま「豆類」
・ご「ごま(種子類)」
・わ「わかめ(海藻類)」
・や「野菜」
・さ「魚」
・し「しいたけ(キノコ類)」
・い「いも類」
・「まごはやさしい」簡単レシピ
・3種のネバネバサラダ
・鮭のおからハンバーグ
・肌トラブルを招きやすい食べ物
・糖分
・コーヒーやアルコール
・油分の多い物
・冷たい物
・ライタープロフィール
女性のお腹


腸内細菌は良い働きをする善玉菌、有害物質を作りだしたりと悪い働きをする悪玉菌、優勢な方の味方をする日和見菌(ひよりみきん)の3つに大きく分類されます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.