ビューティ情報『顔の日焼け止め、選び方と正しい使い方は?基本をおさらいしよう』

2018年4月2日 19:00

顔の日焼け止め、選び方と正しい使い方は?基本をおさらいしよう

紫外線が強くなるこれからの季節は、上手なUVケアが美肌を保つ秘訣。
暖かく過ごしやすい気候となりつつある今、紫外線対策を意識しはじめた方も多いのではないでしょうか。

紫外線量は4月から9月までがとくに強い時期とされているので、この機会に一緒に見直してみませんか? 今回は、顔の日焼け止めの選び方と正しい使い方について解説していきます。

目次

・日焼けのメカニズムとは
・皮膚が赤くなるタイプの日焼け
・皮膚が黒くなるタイプの日焼け
・日焼け止めの種類別解説
・紫外線吸収剤とは
・紫外線散乱剤とは
・ミルクタイプ
・ローションタイプ
・ジェルタイプ
・スプレータイプ
・SPFとは
・PAとは
・シーン別の選び方
・日焼け止めの正しい塗り方
・まとめ
日焼け止めを塗る女性

日焼けのメカニズムとは

日焼けとは紫外線を浴びることで皮膚が赤く炎症を起こしたり、黒く変色したりすることを言います。浴びる紫外線により日焼けのタイプも異なるので、それぞれ解説していきます。

皮膚が赤くなるタイプの日焼け

例えば海や川などレジャーに出かけたときにヒリヒリとした痛みや、皮膚が赤くなるタイプの日焼け。

これはレジャー紫外線といわれるUV-Bによるもので、主に表皮に影響を与えるといわれています。

ひどい場合だと水膨れができてしまう場合もあり、ここまでいくとほぼやけどのような状態です。

日焼けにより赤くなることを「サンバーン」といい、繰り返しサンバーンを起こすことは皮膚がんの要因にもなりえるので注意しましょう。

皮膚が黒くなるタイプの日焼け

紫外線を浴びる女性


気づいたら少し皮膚が黒くなっていたという経験は少なからず一度や二度はあるのではないでしょうか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.