ビューティ情報『美白肌を遠ざける、シミができやすいNG生活習慣5つ』

美白肌を遠ざける、シミができやすいNG生活習慣5つ

2018年5月15日 20:00
 

外を歩くとじんわりと汗ばむ季節がやってきました。
5月の紫外線量は、真夏の8月や9月とほぼ変わりませんので、正しい知識を持って、きちんとケアをしていないと、「気づいたらファンデーションがワントーン暗くなってしまった!」「新たなシミができた!」なんてことにもなり兼ねません。

そこで今回は、シミができやすくなるNGな生活習慣を5つご紹介します。

目次

・【NG1】紫外線が強い昼間に外出が多い
・【NG2】外を歩くとき、日陰を意識しない
・【NG3】日傘や帽子は使わない
・【NG4】ノースリーブや半そでのまま出かける
・【NG5】サングラスを使わない
・ライタープロフィール
NGな生活習慣をもつ女性


美白肌をキープしたい人はチェックしてくださいね!

【NG1】紫外線が強い昼間に外出が多い

紫外線を浴びる女性


紫外線の量が多い昼間に外出することが多い方は要注意。朝の10時から15時くらいまでは、紫外線の量が最も多い時間帯といわれています。
可能なら外出の時間を変更したり、ランチもなるべく近場にしたりしましょう。

【NG2】外を歩くとき、日陰を意識しない

はしゃぐ女性


外を歩くときに、日陰があっても入らずに太陽の光を浴びて歩いていませんか。
環境省の発表によると、日陰の紫外線量は日向の50%とされているので、利用しないわけにはいきません。

日陰を選んで歩く、その「ほんの少し」の努力がシミなし肌への秘訣ですので、心がけてください。

【NG3】日傘や帽子は使わない

ハットをかぶる女性


日差しの強いこの季節、日傘や帽子を使用せずに外出すると日焼けの原因になります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.