ビューティ情報『72時間以内のケアが鍵!? 紫外線を浴びた日にやるべきこと』

72時間以内のケアが鍵!? 紫外線を浴びた日にやるべきこと

2018年7月21日 19:00
 

どんなに紫外線対策を頑張っても、真夏はアウトドアを楽しむ機会が多いので多少なりとも紫外線は浴びてしまうもの。

紫外線を浴びてから約72時間後にメラニンが増え始めるといわれているため、なるべく早いうちからアフターケアすることが大切です。
今回は、紫外線を浴びたその日にするべきケアをご紹介します。

目次

・まずは冷やすことが一番!
・水分補給と美白系のアイテムを。ただし日焼け直後はNG!
・抗酸化作用の高い栄養素を積極的に摂取
・ライタープロフィール
紫外線を浴びる女性


まずは冷やすことが一番!

紫外線を長時間浴びてしまった日にまずやりたいことは、「冷やすこと」。
冷やすことで肌を落ち着かせることができるといわれています。

スキンケアをする女性


なので、帰宅したら一番に冷水をつけて絞ったタオルや氷のう、タオルに包んだ保冷剤などを使って肌を冷やしましょう。

冷たいシャワーを浴びるのも手軽で良いですが、赤みやひりつきがひどい日焼けの場合は水圧が刺激になってしまう可能性があるため、肌の状況に合わせて冷やし方を変えてみてくださいね。

水分補給と美白系のアイテムを。ただし日焼け直後はNG!

紫外線ダメージ=日焼けやシミなどを思い浮かべがちですが、実は乾燥も引き起こしているので肌に水分を与えることも大切です。

紫外線を浴びてしまったその日は、まずシンプルな成分の化粧水を手で優しくこすらないようにして与えます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.