ビューティ情報『残暑でも油断しないで!絶対に焼かないための8つのルール』

2018年8月16日 19:00

残暑でも油断しないで!絶対に焼かないための8つのルール

筆者は海やプール、屋外でのバーベキューなど、とにかくアクティブなことが好きですが、毎年日焼けをほぼしたことがありません。それは、8つのルールを守っているからです。

今回は、日焼けをしないために守りたい8つのルールについてお伝えします。8月も中旬といえどまだまだ暑い夏。油断は大敵ですよ!

・残暑でも油断しないで!絶対に焼かないための8つのルール
・(1)日傘はマスト
・(2)帽子を忘れない
・(3)サングラスで目を守って
・(4)塗り直しは日焼け止めスプレーが◎
・(5)頭皮にも日焼け対策を
・(6)薄手のカーデ
・(7)メイクしたままかけられる化粧水スプレー
・(8)洋服はマキシや長めのパンツを選ぶ
・ライタープロフィール
絶対に焼かないための7つのルール


残暑でも油断しないで!絶対に焼かないための8つのルール

(1)日傘はマスト

日傘はマスト


日傘はどんな時でも持参したいアイテムです。例えば車でどこかに旅行へ行く時も、観光などをする時にたくさん歩く事になるかもしれませんよね。

また、バーベキューなどをする時も、もしかしたら日避けが一切ない場所だったらアウト!焼かないためにも、日傘一本はマストです。

(2)帽子を忘れない

絶対に焼かないための7つのルール


筆者は夏の外出時はほぼ麦わら帽子をかぶります。そのため、いろんな種類の麦わら帽子を持っています。

荷物が多くて両手がふさがっている時でも、帽子さえ被っていれば顔だけでも日差しから守ってくれます。

30代になり、日焼け対策で1番気になるのはシミなどにもなりやすい顔!まずはお気に入りの帽子を見つける事からはじめるのもいいかもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.