ビューティ情報『デリケートゾーンもエイジングケアがマスト。膣ケアのメリットと方法』

2019年5月1日 20:00

デリケートゾーンもエイジングケアがマスト。膣ケアのメリットと方法

かゆみ、匂い、おりもの、ニキビや色素沈着……デリケートゾーンのトラブルって、人には相談しにくいものですよね。しかし人知れず悩んでいたり気になっていたりする人は多いものです。

「知りたいけど人には相談しづらい」「トラブル解消や正しいケア方法については気になるけど、なんとなくやり過ごしている」なんてことはありませんか?

・膣ケアのメリットは?
・(1)トラブルの予防・回避
・(2)老化の予防・対策
・膣ケアってどうすればいいの?セルフケア方法は?
・(1)なで洗い・オイルケア
・(2)会陰マッサージ
・(3)骨盤底筋体操
・ライタープロフィール
今回は、膣ケアのメリットと方法をご紹介します。

膣トレーニングの大切さ

膣ケアのメリットは?

ガーターリングをつける女性


日本で膣ケアをしている人はまだまだ少数派ですが、実は膣ケアには以下のようなたくさんのメリットがあります。

(1)トラブルの予防・回避

感染症、冷え、性交痛、かぶれ、かゆみ、生理痛、下着や締め付けなどによる色素沈着、便秘、出産時の会陰切開などのトラブルの予防・回避。

(2)老化の予防・対策

尿もれ、子宮脱をはじめとした骨盤臓器脱、潤い不足、膣萎縮などの年齢を伴うトラブルの予防・対策。

例えば加齢や疲れ、不規則な生活などで免疫力が下がると、膣が本来持っている「自浄作用」は弱っていくといわれています。すると感染症のリスクが上がったり、かゆみや炎症が起きたりしやすくなることも。
また、潤い不足による性交痛や、血行不良による冷えや生理トラブルを招く場合もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.