ビューティ情報『塩分控えめでダイエットにも!麺つゆを賢く活用するコツ』

2014年9月12日 19:50

塩分控えめでダイエットにも!麺つゆを賢く活用するコツ

塩分控えめでダイエットにも!麺つゆを賢く活用するコツ
日本の料理において登場頻度が高い調味料といえば、醤油。しかしながら、時には醤油を麺つゆに置き換えることで、肌にも嬉しい様々なメリットがあります。今日は、麺つゆを賢く活用するコツについてお話ししたいと思います。

■市販の麺つゆ・だしつゆ利用者は?

マイボイスコム株式会社の調査によると、家庭で市販の麺つゆ・だしつゆを利用する人は9割弱にのぼることが明らかになりました。また、週1回以上の頻度で利用する人も多く、その割合は6割弱。実に2人に1人以上の人が、普段の料理でも麺つゆやだしつゆを使用しているということになります。

■美容効果が異なる「鰹タイプ」と「昆布タイプ」

現在の麺つゆやだしつゆは、塩分控えめのものも多く発売されています。それらのタイプのものは醤油よりも食塩の含有量が低く、だしでの旨味が強いので、いつもは醤油をかけてしまう冷奴などに使用すると、塩分の摂取を減らすことができます。また、鰹だしのタイプは、鰹節のイノシン酸を摂ることで老化を予防する働きがあり、昆布だしタイプにはヨウ素やビタミンB2が含まれていることから、肌の代謝を活発にしたり、肌の状態をよく保つ効果が期待できます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.