ビューティ情報『秋花粉、乾燥肌、イライラ、プヨ肉は●●●の皮で改善!?』

2014年10月28日 21:00

秋花粉、乾燥肌、イライラ、プヨ肉は●●●の皮で改善!?

秋花粉、乾燥肌、イライラ、プヨ肉は●●●の皮で改善!?
秋が深まってくると店頭に登場するミカン! 今年もそのシーズンが到来しましたね。ミカンは日本人に馴染みやすい果物で、秋の花粉症や風邪、お肌の乾燥、イライラ、そしてプヨ肉退治まで! インナーケアとしては万能食かもしれません!?

■ミカンには「β-クリプトキサンチン」が豊富

ミカンと言えば、柑橘類なので、ビタミンCやクエン酸が豊富なイメージがあると思いますが、ミカンの鮮やかな色素成分「β-クリプトキサンチン」が美容や健康に絶大な効果が期待できます。「β-クリプトキサンチン」は緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンや、トマトのリコピンと同じ仲間で体内ではビタミンAに変わります。抗酸化力はβ-カロテンの5倍とも言われているので、鼻やのどの粘膜を強化して外気から花粉やウイルスをブロックしたり、皮膚の粘膜も強化されて肌荒れ改善が期待できます。また脂肪燃焼効果も期待できるので、プヨ肉対策にも!この成分はミカンの果肉だけではなく、皮にも豊富なのだそうです。

■他にもいっぱい!ミカンの美肌栄養成分

柑橘類特有のリラックス効果が望める「リモネン」はイライラ予防に。また毛細血管を丈夫にし、血流を良くして血色の良い肌や頭痛予防になる「ヘスペリジン」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.