ビューティ情報『種類によって美肌成分の濃度が違う!?旬のサーモン活用術』

2014年11月11日 18:00

種類によって美肌成分の濃度が違う!?旬のサーモン活用術

種類によって美肌成分の濃度が違う!?旬のサーモン活用術
最もよく食べている魚介類に「サーモン」が挙げられますね。和食はもちろん、ベーグルサンドや前菜で出てくるカルパッチョ、コンビニサラダでもお馴染み。サーモンは秋冬が本来の旬。また種類によって、含まれる成分量が違うので、種類を知って効率よくサーモンから美肌成分を吸収しておきましょう。

■サーモンの美肌&ダイエットに嬉しい成分とは?

青魚の含有量が注目される“n-3系脂肪酸”。EPAやDHAのことですが、実はサーモンにも豊富に含まれています。「日本人の食事摂取基準2015」によるとn-3系脂肪酸(EPA、DHA)の摂取量は1日1g以上が目安。この量は、旬のサーモン1切れでクリアできるそうです。n-3系脂肪酸は体内の脂質を代謝してくれるので、秋冬のプヨ肉退治にうれしい!
そしてサーモンの切り身の鮮やかな色はアスタキサンチンによるもの。アスタキサンチンは抗酸化作用があるので、体内の毒素などを撃退して、肌まで栄養が届くようになるでしょう。

■サーモンの種類によって含まれる成分の違いとは?

スーパーで売っている塩鮭はたいてい国内産で、甘塩には「ギンザケ」、辛口には「ベニザケ」、一番多いのが「シロサケ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.