ビューティ情報『手足などの「末端冷え症」対策は血液サラサラ食がポイント!?』

2014年11月21日 18:30

手足などの「末端冷え症」対策は血液サラサラ食がポイント!?

手足などの「末端冷え症」対策は血液サラサラ食がポイント!?
暖房の効いた温かい部屋でも、体はポカポカしているのに、手足が冷たくて困っている女子も多いことでしょう。20代女子の冷え性の特徴は、「末端冷え性」が多く、手足などの体の末端が冷えるそうです。原因や対応食を探ってみましょう!

■20代女子の冷え性は“末端冷え性”が多い!?

冷え性は、大きく分けて、次の3つ!

・末端型:手先・足先が冷え、やせ気味10~20代に多い

・下半身型:腰から下の脚全体が冷える40~60代に多い

・内蔵型:腹部・二の腕、太ももの冷え、肥満気味30代以降に多い

(北里大学調べ)

20代女子は、ほとんどが手足が冷える「末端型」のようですね。国民健康栄養調査によると、20代女子の痩せすぎも問題になっていることから、このタイプの冷え性が多いのかもしれませんね。

■「末端冷え」はどうして起こる?

手足などの末端への熱は、血流にのって運ばれてくるそうです。冷えると体力がなくなるので、何か食べようとしがちですが、血流の改善には野菜などのビタミンやミネラル類と、鉄分や亜鉛などが含まれるお肉や魚介類の摂取が望ましいでしょう。また血流は筋肉をポンプ代わりにして末端まで栄養を運ぶそうなので、筋肉作りの基礎となるタンパク質摂取も必要と言えそうです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.