ビューティ情報『スイーツまで作れちゃう!お麩の日に食べたい美肌レシピ3つ』

2015年1月31日 20:00

スイーツまで作れちゃう!お麩の日に食べたい美肌レシピ3つ

スイーツまで作れちゃう!お麩の日に食べたい美肌レシピ3つ
2月2日は、「麩(ふ)の日」に制定されているそう。しかし普段、お麩をあまり食べないという方が多いのではないでしょうか?実は美肌効果も期待できる、高タンパク低カロリーのビューティーフード!日本の伝統食「麩」の魅力をご紹介します。

■コラーゲンを増やす!?「プロリン」がたっぷり

麩は、小麦タンパク質を原料として作られるため、アミノ酸が豊富。麩に含まれるアミノ酸「プロリン」は、コラーゲンの主要構成アミノ酸のひとつで、コラーゲンの生成を促す効果があるだけでなく、壊れたコラーゲンを修復する役目も担うそう。また、ヒアルロン酸の生みの親「線維芽(せんいが)細胞」を活性化し、ヒアルロン酸を増加させる効果もあるそうですから、ハリのあるお肌作りに◎。

■麩の美肌的食べ方2つ

(1)麩で作るフレンチトースト

卵1個に牛乳120cc程度を溶かし、麩を漬け、柔らかくなったらココナッツオイルを敷いたフライパンで焼きます。仕上げに、シナモンシュガーやココナッツシュガーをお好みで加えます。

<美肌ポイント>

●牛乳のタンパク質の約80%を占める「カゼイン」もプロリンが豊富。

●ココナッツオイルには、既に体内に備わっている抗酸化力を高める効果があり、肌サビ予防効果大!

●シナモンには、末梢血管を丈夫にする効果が、ココナッツシュガーは、糖質が少なく糖化(※)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.