ビューティ情報『風邪や胃腸炎にオススメ!大根おろしを上手に食べるポイント3つ』

2016年3月18日 12:00

風邪や胃腸炎にオススメ!大根おろしを上手に食べるポイント3つ

風邪や胃腸炎にオススメ!大根おろしを上手に食べるポイント3つ
寒い季節の青首大根や、春に出回る春大根など、今の時期も手に入りやすく美味しい大根ですが、この季節に悩まされやすい風邪や胃腸炎の強い味方だってことはご存知でしたか?そこで今回は、大根おろしの栄養やおいしさを最大限に活かす方法をご紹介します。「皮のままおろす」「おろしたらなるべく早く食べる」「丸~くおろす」の3つがポイントですよ!

■胃の疲れや風邪には大根おろしがオススメ

元々消化が良い食材のイメージである大根。消化酵素であるアミラーゼが含まれており、食物の消化を助けてくれる作用があります。しかし熱に弱く、加熱するとその効果が失われてしまう恐れがあるため、大根を効果的に食べるには大根おろしが◎。

また、食物繊維の整腸作用によって便秘や胃腸が弱った人にも適していたり、辛み成分による殺菌作用やビタミンCが風邪に効くと言われているからこそ、おろした大根は胃が弱っている人や風邪で不調の人にぴったりだと言えるでしょう。

■大根おろしの栄養を最大限に生かすポイント3つ
(1)皮のままおろす

大根は皮まで食べられる代表的な食材でもあります。大根をおろすときは、皮付きのままが栄養を余すことなく摂取できるのでオススメ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.