ビューティ情報『海辺の町の小さな出版舎から届く、大切なメッセージ』

2016年6月27日 23:15

海辺の町の小さな出版舎から届く、大切なメッセージ

目次

・海辺の町の小さな出版舎から
・好きなときに、好きなように
海辺の町の小さな出版舎から届く、大切なメッセージ


理想的な読書のシチュエーションって、どんな感じでしょう?

たとえば、海からあがり水着のまま砂浜にごろんと寝そべって、冷えたビールを飲みながら読書にふけるとか、夕暮れ時の散歩の途中、ポケットに入れたおいた本をパラパラとめくるとか......。

そんな至福の時間に読みたい本は、ビジネス書でも、ハウツー本でもなく、心と身体、そして自然とのつながりを感じられる本ではないでしょうか。

海辺の町の小さな出版舎から

160626book1.jpg


新書のようで、コミックのような、ハンカチのように軽くて小さなこの本の中には、たくさんの心地よさのヒントが詰っています。

(ハンカチーフ・ブックスHPより引用)

海と山に囲まれた、神奈川県葉山町にある小さな出版舎「ハンカチーフ・ブックス」から届けられる本に共通すること。それは、日々を生きる上での"大切なこと"と"心地よさ"。

160626book2.jpg


小さなハンカチーフ・ブックスの本の中には、心が軽くなるテーマがたくさん詰っています。

(ハンカチーフ・ブックスHPより引用)

「ハンカチーフ・ブックス」の本にはどれも、"人が生きること"についての根源的なテーマが込められています。

呼吸すること、食事すること、考えること、(自他問わず)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.