ビューティ情報『ゆっくり吐くこと。呼吸で自律神経を整えるリラックス法』

2017年5月1日 21:45

ゆっくり吐くこと。呼吸で自律神経を整えるリラックス法

目次

・無意識に行われる自律神経の働き
・呼吸と自律神経の関係って?
・息を吐くことがポイント。腹式呼吸でリラックス
ゆっくり吐くこと。呼吸で自律神経を整えるリラックス法


春は環境の変化も多く、うれしいことも楽しいことも身体にとってはストレスとなり気づかないうちに負担を与えてしまっています。また急激な気温の変化も身体に影響し自律神経やホルモン代謝に乱れが出るため疲れを感じやすい季節です。

無意識に行われる自律神経の働き

自律神経は交感神経と副交感神経の相反する働きによりバランスをとっていて、内臓や血管などの働きを司り「自分の意識ではコントロールできない」神経と言われています。この意識をしなくても働く自律神経のおかげで私達は生命活動を維持できているのですが、1つだけ例外があります。

それは「呼吸」です。自律神経の働きによって寝ている間も呼吸しているように、普段「呼吸」は無意識に行われていますが、私たちは呼吸をコントロールできますよね。

呼吸と自律神経の関係って?

一般的に運動している時など交感神経が優位な状態である時に呼吸は浅く、早くなります。逆にリラックスしていて副交感神経が優位な状態である時は深く、ゆったりとした呼吸が行われています。ストレスを受けることで交感神経が優位になりやすく、身体は常に緊張状態にさらされてしまい不調を引き起こす原因に。呼吸が浅くなっていると感じたら、深くゆったりとした呼吸を意識することで副交感神経を優位に働かせることができます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.