ビューティ情報『歯周病はうつる? 最大の敵は歯周病原菌』

2018年5月2日 20:30

歯周病はうつる? 最大の敵は歯周病原菌

歯や歯医者さんにまつわる疑問に答える、「歯や歯医者さん基本のき」。前回は、歯痛や虫歯についてでした。Vol.3のテーマは、口の中のトラブルとして見過ごせない歯周病です。引き続き医療法人メディスタイル理事長で、歯科医師の徳永淳二先生にお聞きします。

サイレント・ディジーズと呼ばれる歯周病。

Q.歯周病とはなんですか?歯周病の原因は?歯肉炎との違いとは?
0502_05_shutterstock_166803008

歯周病で歯肉から膿が出たりする原因は、歯周病原菌が出す毒素です。つまり、歯周病という状態は、歯周病原菌が口の中で繁殖している状態になります。

歯周病原菌がいれば歯周病ですし、いなければ単なる歯肉炎です。単なる歯肉炎は歯磨きすれば治りますが、歯周病原菌がいれば、どんなにきれいに歯を磨いても歯周病は治らないのです。

歯周病になると、歯の周囲の骨が溶けてなくなります。一方で歯肉炎は歯肉だけに炎症が起きた状態です。これは大きな違いですが、意外と自分ではわかりにくいので専門的な診断をお勧めします。

口の中に蓄積される細菌のかたまりであるプラークには、600~800種類の細菌が存在していると考えられています。中でも赤信号という意味の「レッド・コンプレックス」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.